【法規Ⅲ】基礎講座②(面積・高さ等の算定)

一級建築士

ここでは、面積、高さについて勉強していきましょう!

「算入する部分」と「算入しない部分」をしっかりと理解し学習していきましょう!!

面積・高さ等の算定

敷地面積(令第2条第1項第一号)

道路の中心線から左右2mずつ後退した線を道路境界線とみなす。

後退した部分は、敷地面積に算入しない。

道路の片側が川・崖・線路の場合は、そこから4mセットバックした線を道路境界線とみなす。

後退した部分は、敷地面積に算入しない。

建築面積(令第2条第1項第二号)

建築面積は、外壁等の中心線で囲まれた部分の大きさを、建築物全体として水平面の投影した面積として算定

1m以下の軒や庇等は、全て算入しない

地階で地盤面上1mを超える部分は建築面積に算入し、地盤面上1m以下の部分は算入しない

延べ面積(令第2条第1項第四号、第3項)

延べ面積は、各階の床面積の合計として求める。

容積率算定の際の延べ面積に算定しない限度は、建築物の区分に応じて、建築物全体の床面積の合計に対する割合が定められている。

一. 自動車車庫等部分 1/5

二. 備蓄倉庫部分 1/50

三. 蓄電池設置部分 1/50

四. 自家発電設備設置部分 1/100

五. 貯水槽設置部分 1/100

六. 宅配ボックス設置部分 1/100

文章だけだとイメージがわかないと思いますので、実際の問題で考えてみましょう。

この建物の1階部分が自動車車庫の場合、容積率算定の際の延べ面積は何になるでしょうか。考えてみましょう。

1~5階の床面積の合計(延べ面積)は、1998㎡になります。その内、自動車倉庫は318㎡なので、全体の1/6.28…なので、1/5よりも小さいため全て延べ面積に算入しません。

よって、容積率算定の際の延べ面積は、1680㎡になります。

建築物の高さ(令第2条第1項第六号)

1.建築物の高さは原則として、地盤面からの高さとして算定(図1)

2.道路高さ制限(法第56条第1項第一号)の場合、前面道路の路面の中心からの高さとして算定(図1)

3.屋上部分の階段室等(水平投影面積が建築面積の1/8以内)の高さは、12m(又は5m)を限度として算入しない(図3)

4.屋上部分にある以下の階段室等の高さは、全て算入する。(図3)

①法第33条(避雷設備の設置)

②法第56条第1項第三号(北側高さ制限)

③法58条(高度地区の規定のうち、北側高さ制限に係るもの)

5.棟飾や防火壁の屋上突出物は、当該建築物の高さに算入しない。(図4)

階数(令第2条第1項第八号)

階数は、地上及び地下の階を含めた建築物の各階の数をいいます。

建築物の屋上又は地階にある次の部分の面積の合計が、建築面積の1/8以下となる場合、「階数」に算入しない。

①建築物の屋上部分⇒昇降機塔、装飾塔、物見塔等

②建築物の地階部分⇒倉庫、機械室等

建築物の一部に吹き抜けがある場合、建築物の部分によって階数が異なるときは、最大なものを階数とする。

まとめ(確認問題)

基礎講座②いかがだったでしょうか。法令集に書かれている内容を字面で考えるのではなく、絵や図に起こすと非常に理解しやすくなってきます。

今後紹介していきますが、道路高さ制限や北側高さ制限の計算方法も同時に覚えていけるようになりましょう!!関連付けて覚えることで、記憶に定着しやすくなっていきます!!

では、今回はこの辺で失礼します_(._.)_

確認問題

1.容積率を算定する場合、専ら自動車又は自転車の停留又は駐車のための施設の用途に供する部分の床面積を容積率の算定の基礎となる延べ面積に算入しないとする規定については、当該敷地内の全ての建築物の各階の床面積の合計の和の1/5を限度として適用する。

2.北側高さ制限において、建築物の屋上部分に設ける高さ4mの階段室の水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8である場合においては、その部分の高さは、当該建築物の高さに算入しない。

3.建築物の地階(機械室、倉庫及び防災センター)で、水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8であるものは、当該建築物の階数に算入する。

4.建築物の屋上部分で、水平投影面積の合計が当該建築物の建築面積の1/8以下の塔屋において、その一部に休憩室を設けたものは、当該建築物の階数に算入する。

5.避雷設備の設置の必要性を検討するにあたっての建築物の高さの算定について、建築物の屋上部分である階段室で、その水平投影面積の1/8である場合においては、その部分の高さは、当該建築物の高さに算入する。

答え

1.〇 2.× 北側高さ制限に関しては算入する 3.〇 防災センターは階数に算入しない部分に入っていない 4.〇 休憩室は算入しない条件にあてはまらない 5.〇 避雷設備は高さにすべて算入する

おススメ問題集

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました