【2021】12球団合同トライアウトで移籍先を勝ち取れ!!参加選手は??どこで放送されるの??

トライアウト

どーも!こあらっこです🐨

日本シリーズが、終わり野球界は、12球団が来シーズンに向けて動き出しました!!

西武で言えば、外国人選手2名の獲得を発表したり、阪神では、スアレス投手が退団したり、中日では又吉投手がFA宣言するなどシーズンが終わった後もプロ野球界から目が離せません!!

その中でも、一斉に行われるのが、12球団合同トライアウトです。

今シーズンで戦力外を宣告された選手など、来シーズンの契約がまだ決まっていない選手たちがこの1日にすべてをかけて挑んできます。。

まだ、プロ野球界で活躍できる選手がごろごろいると思うので、紹介していけたらと思います!

参加予定選手-12/3現在 

セリーグ

ヤクルト

(投手)中尾輝(27)

(野手)

阪神

(投手) 石井将希(26)、高野圭佑(元阪神)

(野手)荒木郁也(33)藤谷洸介(25)

巨人

(投手) 古川侑利(26)

(野手) 山下航汰(20)

広島

(投手)中村恭平(32)、畝章真(26)

(野手)高橋大樹(27)

中日

(投手) 三ツ間卓也(29)

(野手) 武田健吾(27)

DeNA

(投手) 笠井崇正(27)、飯塚悟史(24)風張蓮(28)

(野手) 松尾大河(元DeNA)

パリーグ

オリックス

(投手) 金田和之(31)、吉田一将(32)、荒西祐大(29)神戸文也(27)

(野手) 佐藤優悟(24)

ロッテ

(投手) 石崎剛(31)、永野将司(28)

(野手)

大嶺祐太(33)は、中日が獲得調査中

楽天

(投手) 片山博視(元楽天)

(野手) 中村和希、ルシアノ・フェルナンド(元楽天)

藤田一也(39)は、DeNAが獲得調査中

ソフトバンク

川島慶三(38)は、楽天が獲得調査中

日本ハム

(投手) 鈴木遼太郎(25) 、村田透(36)

(野手) 今井順之助(23)

[ノーテンダー ] 西川遥輝(29)、日本ハム 秋吉亮(32)、大田泰示(31)

西武

(投手) 中塚駿太(26)榎田大樹(35)、小川龍也(30) 、多和田真三郎(28)

(野手)

注目選手

全選手が、再び新天地で契約を勝ち取り、活躍してほしいと個人的には願っていますが、そんなに甘くない世界がプロ野球です。

実際に、去年のトライアウト参加からNPBに復帰できた選手は、全57選手中5人です。

確率で言うと、11.4です。

この記事を通して、一人でも多くの選手が関係者の目に留まることを期待します。。。

投手

渡邉雄大(30)-元ソフトバンク

2017年に育成6位でソフトバンクに入団。

2020年には、支配下登録を勝ち取り、9月にプロ初登板を果たしたが、左肘靭帯の損傷で、わずか三試合で登録抹消。

2021年には、実戦に復帰できるまで回復したが、戦力外となってしまった。二軍では34試合に登板し、1セーブ、防御率1.67の安定した成績を残しており、来シーズンの活躍が期待できる一人です。左のサイドスローということで、左のワンポイントとして期待できそうです。

左の中継ぎ投手が手薄なチーム セリーグでは、ヤクルト パリーグでは、楽天

あたりは、獲得を検討してみても面白いのではないか。

牧田和久(36)-元楽天

今の日本を代表するサブマリン

2020年に楽天に移籍し、中継ぎとしてシーズンを通して一軍に帯同し52試合に登板、2勝2敗2セーブ22ホールド・防御率2.16の好成績を残しました。2021年は、前半戦で打ち込まれる場面が多く、登録を抹消。後半戦も1軍に復帰したが、打ち込まれてしまい再度登録を抹消。高年俸と年齢がネックで戦力外となってしまいました。

通算成績

2020年の成績からも、全盛期とまではいかないまでもまだ、選手としてやれる能力は残っているように感じます。サブマリンの育成をしている球団にとっては、実質上、コーチとしての獲得もありだと思います。

パリ―グでは、古巣の西武ソフトバンク

あたりが、獲得するのでないか。

野手

山下航汰(20)-元巨人

2018年に育成ドラフト1位で巨人に入団。

2019年には二軍で53試合で打率.316、本塁打3、打点18と好成績を残し、7月5日に支配下に登録された。最終的に二軍で90試合に出場し、打率.332、本塁打7、打点40という成績を残し、ファーム首位打者を獲得した。高卒新人で、イースタンの首位打者を獲得したのは、イチロー以来ということで、大きな期待をされた。しかしながら、2020年シーズンは、けがに悩まされて、再び育成契約に

2021年は二軍で21試合に出場し打率.226、本塁打1、打点6と低迷。一方三軍では48試合に出場して打率.366と活躍した。2022年シーズンも育成としての契約を打診されたが、トライアウトでの支配下獲得を得るため、退団した。

外野手が手薄、もしくは若手が台頭してきていないチーム 

セリーグでは、中日広島 パリーグでは、西武ソフトバンク

あたりが、候補になってくるはずだろう。

勝俣翔喜(24)-元オリックス

2020年ドラフト5位で、オリックスに入団。

2020年には、1軍出場を果たしたが、8打席8三振という不名誉な記録を残してしまった。

2021年シーズンもファームでなかなか結果を残すことができなかったが、後半戦に調子を上げ、9月は、50打数14安打5打点打率.280の成績を残した

2022年シーズンは、育成契約としての打診を受けたが、トライアウト受験を決意し、退団した。

高校時代には、高校野球日本代表に同世代の小笠原慎之介オコエ瑠偉、2学年下の清宮幸太郎らとともに選出された。WBSC U-18ワールドカップでは首位打者と打点王に輝いた経歴もあり、活躍する可能性を秘めている選手の一人です。

外野手で長打力が不足しているチーム 中日、ソフトバンクあたりが面白いのではないか。

乙坂智(27)-元DeNA

2011年ドラフト5位でDeNAに入団。

3年目に1軍出場を果たすと、初打席初HRを記録。翌年からは、6年連続で50試合以上出場し、2017年には、CSで代打の切り札として活躍。2019年には得点圏打率.382を記録し、勝負強い打撃を披露した。

2020年は、開幕スタメンを勝ち取るもいい成績は残せず、2021年は、コロナ禍におけるルールとして不要不急の外出及び外食を禁止していたにもかかわらず、クラブを出入りしているところを見つかり、謹慎処分を受け、戦力外となってしまった。

勝負強い打撃は今も健在で、バックアップメンバーが不足している球団には、良い補強になるだろう。

規律を乱してしまったことは、許されることではないが、プロ野球は、結果を出したナンボの世界。

しっかりと反省してもらい、野球に一生懸命に取り組む姿勢を見せれば、必ず手を上げてくれる球団はあると思う。

オリックス、日ハム、広島あたりが、獲得を検討しても良いのではないか。

放映スケジュール

開催日:12/8(水) 10:00~ 場所:未定(わかり次第更新します)

テレビ放送

フジテレビONE(CS:307)

放送時間:10:00~15:00迄

※CSを見るなら、スカパー!の加入が、必要になります。

インターネット放送

フジテレビONEsmart

こちらは、スマートフォンやPCで視聴することが可能。登録しておけば、

場所に縛られず様々な場所で視聴することが可能。

※登録方法は、以下の通りに行ってください!!

1.FOD(フジテレビオンデマンド)に新規登録

2.左上の「プレミアム会員登録」を押すか、真ん中の「今すぐはじめる」をクリック

おススメプレミアム会員は、2週間無料でトライアル加入が可能

映画やドラマも見放題に!!

※二週間経過後、自動的に有料に切り替わるので、解約する方は、注意が必要

3.会員登録終了後、ページ上部の「フジテレビOTN」をクリック

4.「ONE smart」をクリック

5.「今すぐ登録」をクリック

6.「ONEsmart/TWOsmart2チャンネルセットコース(月額:1100円)をクリックし登録

これで、登録は、完了です!!

※地上波、BSでの放送は、今のところありません。

Paravi

放送開始:9:45~

解説は元DeNAの古木克明氏、実況は初田啓介アナウンサー

地上波:TBS戦力外通告クビを宣告された男達

放映日:2021年12月28日(火) TBSテレビ
放送時間:夜11時00分〜12時30分

Follow me!

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました